日曜日も内視鏡検査が可能(2024年5月より開始)|大通り胃腸内科クリニック|札幌市大通りの内視鏡検査・消化器内科

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3丁目 せんばビル4階

011-242-7311

WEB予約 事前WEB問診
下層メインビジュアル

日曜日も内視鏡検査が可能(2024年5月より開始)

日曜日も内視鏡検査が可能(2024年5月より開始)|大通り胃腸内科クリニック|札幌市大通りの内視鏡検査・消化器内科

日曜日も検査可能(2024年5月より開始)

日曜日も検査可能

当院では平日は家事やお仕事で忙しくてなかなか検査を受ける時間が取れないといった方でも、お気軽に検査が受けられるように土日の検査も実施しております。

検査は内視鏡検査の研鑽・臨床経験を積んだ専門医が担当しております。日曜日の検査をご希望の方は当院までお気軽に相談ください。

当院の胃カメラ

胃カメラ検査とは、正式は「上部消化管内視鏡検査」と呼ばれている検査のことで、胃がんの早期発見のほか、食道がん、十二指腸がん、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍などの様々な病気を診断することができます。

口や鼻から先端にCCD(電荷結合素子)カメラが搭載された内視鏡を挿入し、上部消化管(食道・胃・十二指腸)を直接観察できるため、X線検査に比べて微小な病変の発見に優れています。

当院の大腸カメラ

大腸カメラとは、正式には「下部消化管内視鏡検査」と呼ばれている検査のことで、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの全大腸(一部小腸)を調べて、炎症、大腸ポリープ、大腸がんの有無などを診断することができます。

検査の際には必要に応じて、大腸ポリープを切除したり、組織の一部を採取(生検)したりします。内視鏡で行う治療には内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)などがあります。

鎮静剤(麻酔)を使用した苦痛のない内視鏡

内視鏡検査を過去に受けたことがある方の中で、「繰り返しオエッと感じた」「不快だった」という経験をお持ちの方は少なくないでしょう。このような経験を持つ方には、「鎮静剤を使用した内視鏡検査」を推奨しています。

この検査法では、静脈経由で鎮静剤を投与し、リラックスした状態での検査が可能になります。これにより、患者様は緊張を感じず、嘔吐反射も抑えられます。検査に対する不安や抵抗を感じる方、また経鼻内視鏡検査が難しい方に特におすすめです。

当院では、脈拍や血圧をはじめとした全身の状態を随時チェックし、より安全な検査を実施しております。どうぞご安心してご利用ください。

予約について

当院はWEB予約を導入しております。
忙しくて電話も予約の電話も手間だと思われる方はぜひご活用ください。来院前にWEB問診を行っていただくと診察までスムーズに行えます。

※当院では発熱外来は行っておりません。

治療の流れ

1

受付

受付にて健康保険証、あれば診察券、紹介状、お薬手帳をご提示ください。

初診の方でWEB問診がお済でない場合は、受付時に問診表(WEB問診または紙問診)をお渡しいたします。必要事項を全てご記入ください。ご不明な点はお気軽に受付にご質問ください。

2

受診

問診表にご記入いただいた内容を元に、医師が診断し、治療方法のご説明をいたします。治療に対するご希望、ご質問などもお聞きします。遠慮なく何でもお伝えください。また、この時に必要に応じて検査なども行います。

3

お会計

診察、処置後は待合室でお待ちください。受付でお名前をお呼びしますので、お会計をお願いいたします。お薬が出ている場合は院外処方箋をお渡しいたします。

TOP