札幌市大通りの大腸カメラ・内視鏡検査|大通り胃腸内科クリニック

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3丁目 せんばビル4階

011-242-7311

WEB予約 事前WEB問診
下層メインビジュアル

大腸カメラ

札幌市大通りの大腸カメラ・内視鏡検査|大通り胃腸内科クリニック

大腸カメラとはどんな検査?

大腸カメラとはどんな検査?

大腸カメラとは、正式には「下部消化管内視鏡検査」と呼ばれている検査のことで、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの全大腸(一部小腸)を調べて、炎症、大腸ポリープ、大腸がんの有無などを診断することができます。

検査の際には必要に応じて、大腸ポリープを切除したり、組織の一部を採取(生検)したりします。内視鏡で行う治療には内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などがあります。

大腸がんの発症には加齢、飲酒、喫煙、食の欧米化、運動不足といった生活習慣が大きく関わっているとされていますが、ほとんどは良性の大腸ポリープから発生します。そのため、良性のポリープの時点で切除することが大腸がんの予防につながります。

また、大腸がんはかなり進行しないと自覚症状が現れにくいという特徴があるため、早期発見のためには症状のない段階から定期的に大腸内視鏡検査を受けることが有効です。

当院では大腸内視鏡検査に対する「つらい」「苦しい」「痛い」「恥ずかしい」というイメージや検査に対する不安を解消できるような環境をめざし、1人でも多くの方に定期的に大腸内視鏡検査を受けていただき、地域の方々の大腸疾患の早期発見と治療に貢献したいと考えています。健康診断で便潜血反応陽性になった方、あるいは日ごろから便や腸などに不安がある方は、お気軽にご相談ください。

当院の大腸カメラ検査の特徴

①専門医による軸保持短縮法を用いた検査

内視鏡で腸管が押されるのが最小限になるように丁寧に挿入します。

②鎮静剤を使用し苦痛を抑えた検査が可能です

多くの方が寝ている間に検査が終了します。

③炭酸ガスを用いたお腹の張りを減らす検査

身体に吸収されやすい特殊なガスを用いて検査をします。

④大学病院で使用されている内視鏡検査機器を導入

最新の内視鏡を用いて精密に検査を行います。

⑤大腸ポリープ切除の日帰り手術も対応

ポリープを見つけたらその場で判断して切除します

⑥胃カメラと大腸カメラの同時検査が可能

同日に両方の検査が可能です。

⑦検査後はリカバリースペースでお休みいただけます

麻酔薬が身体から抜けるまでお休みいただきます。

⑧検査毎に徹底した消毒で感染予防

専用の洗浄機を用いて内視鏡を洗浄します。

⑨土曜日、日曜日も検査可能

土日の検査が可能です。

質の高い大腸カメラ検査のための工夫

特殊光による内視鏡診断(BLI)

富士メディカル社が開発した狭帯域光をBLIと言い、通常光とは異なる光(狭帯域光)を使用することによって、非常に小さな病変を早期発見することが可能になります。狭帯域光を手元で簡単に操作できるので、患者様には負担がかかりません。

大腸カメラ検査を受けるタイミング

下記の症状がある方は一度、検査をお勧めします。

  • 血便がある方(出血は痔によるものと思っていても一度確認しておくことをお勧めします)
  • お腹が張る。お腹が痛い。
  • 下痢や便秘がひどい方
  • 健康診断などで便潜血反応が陽性だった方
  • 過去に大腸ポリープを指摘された方
  • 血縁者に大腸がんになった人がいる方
  • 40歳を過ぎて一度も大腸内視鏡検査をしたことない方

大腸カメラ検査で発見可能な主な病気

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)
  • 大腸憩室
  • 大腸粘膜下腫瘍
  • 感染性腸炎
  • 痔核

大腸カメラ検査の費用(目安)

保険診療(税込)

1割負担 2割負担 3割負担
大腸内視鏡検査(観察のみ 2,500円 5,000円 7,500円
大腸内視鏡検査+生検※ 5,000円 10,000円 15,000円
ポリープ切除 10,000円 20,000円 30,000円

※生検とは病変の組織を一部採取して、顕微鏡で確認する検査です
※上記費用に診察料、薬剤料などが別途かかります

大腸カメラ検査前の注意事項

同検査を希望される方については、事前に診察を行っていきます。また常用薬のある方は、前もって報告してください。何を服用しているかわからないという場合、お薬手帳をご持参ください。血液をサラサラにする薬(抗凝固薬 など)、糖尿病の薬(インスリン、経口血糖降下薬)などは、休薬が必要となることがあります。

大腸カメラ検査前日の注意事項

検査前日に関してですが、夕食はとれますが(20時頃まで)、できるだけ消化の良いものにしてください(海藻類、キノコ類、果物類は不可)。水分については、お茶や水であれば、制限はありません。

大腸カメラ検査当日の注意事項

検査当日は、朝から絶食し、大腸内視鏡検査が始まる2~3時間前から、時間をかけて腸管洗浄液(下剤)をゆっくりと飲んでいきます。その後、排便を繰り返すようになるわけですが、便の色が透明になると腸の中がきれいになった証でもあるので、検査開始となります。

鎮静剤を使用された方は、検査後、自転車やバイク、車の運転はできません。どなたかの付き添い、お迎えの手配が必要です。

大腸カメラ検査の流れ

1

検査予約

大腸内視鏡検査をご希望の場合、事前に外来を受診していただき、診察ののちに予約をします(お電話での予約の方は、電話の際に大腸内視鏡検査に関しての注意点をしっかりとご説明させていただきますので、事前受診は必要ありません)。

2

検査前日

夕食は21時までに済ませてください。水、お茶、スポーツドリンクは夜間も摂取可能です。

3

検査当日

常用されているお薬は検査予約時の指示通りに服用してください。水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。

4

検査

1.検査準備

検査着に着替え、ストレッチャーに横になっていただきます。鎮静剤をご希望の方は、内視鏡を挿入する前に鎮静剤を投与し、リラックス状態で検査を受けられるようにします。

2.検査開始

内視鏡を肛門から挿入し軸保持短縮法を用いてなるべく腸を伸ばさないように進めていきます。

3.大腸内を観察

盲腸まで到達したら大腸内腔を観察します。その際に必要に応じて組織を一部採取(生検)したり、ポリープをその場で切除することもあります。

4.検査終了

観察だけなら15~30分程度で終了です。検査終了後は、鎮静剤を投与している場合は30分~1時間程度は院内で休憩し、問題がなければご帰宅となります。

5

検査後

検査終了後はリカバリールームで休憩いただき、その後、医師より検査結果について説明があります(鎮静剤を使用しない場合はリカバリールームでの休憩は必要ありません)。

*鎮静剤を使用した場合、車等の運転はできませんのでご注意ください。

大腸カメラ検査後の注意事項

  • 鎮静剤を使用された方は、検査後、自転車やバイク、車の運転はできません。どなたかの付き添い、お迎えの手配が必要です。
  • ポリープ切除を行った場合、出血予防のため2~5日程度の間は、激しい運動・飲酒・遠方への旅行などは控えていただいております。
  • 組織生検を行った場合、出血予防のため当日の飲酒は禁止です。激しい運動やサウナ、長時間の入浴も控えていただき、軽いシャワーなどでお済ませください。
  • 検査後の食事制限はありませんが、なるべく消化の良い物をとるようにしてください。
TOP