鮮血便が出た時の正しい対処法!痛い・痛くないの違いを解説|大通り胃腸内科クリニック|札幌市大通りの内視鏡検査・消化器内科

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3丁目 せんばビル4階

011-242-7311

WEB予約 事前WEB問診
下層メインビジュアル

鮮血便が出た時の正しい対処法!痛い・痛くないの違いを解説

鮮血便が出た時の正しい対処法!痛い・痛くないの違いを解説|大通り胃腸内科クリニック|札幌市大通りの内視鏡検査・消化器内科

         

2024年5月20日

トイレで思わぬ鮮血に遭遇。

お腹やお尻が痛い場合もあれば、痛くない場合もあります。

痛みの有無は、潜在する疾患を示唆する重要な手がかり。この記事では、血便の原因から対処法、予防策まで、あなたが知るべき情報を詳しく解説します。症状が現れたら慌てず、ここで学ぶ適切な行動をとってください。

1. 鮮血便が痛い時と痛くない時の対応

鮮血便、すなわち血が混じった便が突然出ることは、誰にとっても不安を引き起こす症状です。血便の発生には、様々な原因があり、それには痛みが伴う場合と伴わない場合があります。痛みがある時とない時とでは、対応方法が異なりますので注意が必要です。痛い場合は、急性の炎症や怪我が原因であることが多く、痛みがない場合でも重大な疾患の可能性が考えられます。そのため、血便を発見したらまずは落ち着いて、痛みの有無を確認し、それに応じた適切な対応を取ることが求められます。

1.1. 鮮血便が腹痛を伴う時の疾患

血便が発生して腹痛が伴う場合、その背後には様々な疾患が隠れている可能性があるのです。例えば、虚血性腸炎や消化性潰瘍、あるいはクローン病のような炎症性腸疾患などがその原因として挙げられます。また、大腸がんや直腸がんなどの悪性腫瘍が原因で、血便と腹痛が発生することもあります。これらはただちに医療機関で診察を受ける必要があり、自己判断で対症療法を行うことは避けるべきでしょう。特に、発熱やめまい、吐き気といった他の症状が伴っている場合は、緊急性が高いと判断し、迅速に病院を訪れることが重要になります。

1.2. 鮮血便が腹痛を伴わない時の疾患

血便が腹痛を伴わない場合でも、油断はできません。痛みがないとしても、憩室出血や痔核、大腸がんといった疾患が隠れていることがあります。特に初期の段階では痛みというサインが少ないため、血便自体が疾患の存在を告げる唯一の兆候となることも少なくありません。また、痔であっても出血がひどい場合や、出血が長期にわたって続く場合は、医療機関での診断が必須となります。血便が続くようであれば、自己判断せず早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

1.3. 痛みがない場合の適切な行動とは

痛みがない場合でも、血便は健康上の何らかの問題を指摘しています。そのため、以下のような行動をとることが推奨されます。まず、血便を発見したらその色や量、形状を把握し、便全体に血が混じっているのか、表面に付着しているのかなど詳細を確認します。次に日々の排便パターンとの変化を比較し、血便の発生が1度きりなのか、それとも何度も繰り返し発生しているのかをチェックします。さらに、食生活やストレスの増減、最近飲み始めた薬がないかも再確認し、これらの情報を持って医療機関を訪れ、専門家に相談することが適切な行動となります。血便という症状には様々な原因が考えられ、症状を放置して状態が進行してしまうと取り返しがつかないこともありますから、早期の対応が肝心です。

2. 痔の可能性

鮮血便を見つけた時、それが痔の可能性があることは決して忘れてはいけません。一般的に鮮血便の多くは、痔による出血と考えられており、くしゃみや咳が原因で発症することも珍しくありません。痔は内痔核と外痔核がありますが、どちらも出血を引き起こすことがあります。しかし、自己診断による判断は避けるべきで、必ず専門医の診察を受けることが大切です。内痔核の場合、痛みがなく便器に鮮やかな赤色の血が付着することが多く、外痔核の場合は肛門の周辺に痛みやかゆみを感じる場合があります。痔だけでなく、大腸がんなど別の重大な病気のサインである可能性もあるため、早期発見・早期治療が非常に重要になります。

2.1. 鮮血便の殆どが痔ですが癌も否定できない

便器に明るい赤色の血が見られた場合、多くの人が体験する痔の出血を疑うことから始まります。しかし、この症状が痔の可能性が高いことを意味しつつも、それ以外の病気が原因である場合も考慮する必要があります。特に、大腸がんは初期症状が不明瞭であり、痔と思われていながら実は大腸がんであったというケースも多く遭遇します。出血の量や色、便の形状、その他の症状など、さまざまな点を専門医に報告し、適切な診断を受けることが重要です。また、出血が痔であっても放置しないことが肝心で、繰り返し出血が見られる場合は特にそうです。なぜなら、慢性的な血の損失は貧血を引き起こす原因となり、日常生活に影響を及ぼすからです。

2.2. お尻に痛みを伴う痔出血

痔の出血で最も一般的なのは、痛みを伴うものです。特に外痔核が原因の場合は、トイレットペーパーに血が付着するだけでなく、強い痛みや肛門周辺の腫れを伴うことがあります。このような症状が発生した場合、日常生活に大きな支障をきたす可能性がありますので、早急にかかりつけの医師や専門医に相談することが重要です。痔を放置して痔瘻となる事も多いので、適切な治療を受けることで、痛みや症状を和らげることが可能です。たとえば、坐薬や軟膏、腫れを抑えるための冷却などが一般的な治療法です。さらに、便秘を避けるための食生活の見直しや、適度な運動も発症リスクを減らすために大切です。

2.3. お尻に痛みを伴わない痔出血

痔では、お尻に痛みを伴わない出血が発生することもあります。一般に、このタイプの出血は内痔核によるものであり、便通時に切れた血管から出血することが原因です。痛みがないため見過ごされがちですが、健康状態に対して誤った信号かもしれないため、油断してはいけません。出血が続く場合は、病院で相談をし、内視鏡検査などを通じて痔以外の原因病を除外することが大切です。また、出血がある際には清潔を保つことも重要です。そのためにも規則正しい生活習慣を心がけ、健康的な食事、水分の十分な摂取、運動などが推奨されます。痔出血は多くの場合、適切な治療と生活習慣の改善によって症状を抑えることができますが、医師と徹底したコミュニケーションを取ることが最も大切です。

3. 鮮血便が指し示す可能性のある健康問題

血便、特に鮮血便は、消化管からの出血を示す警告信号です。時には単に切れ痔や痔核によるものであることもありますが、より重大な病態が隠されていることもあります。大腸癌や潰瘍性大腸炎、クローン病など、消化器系の重篤な病気が隠れているケースも少なくありません。そのため、鮮血便が出現した際には、迅速な診断と適切な対応が求められます。不安を感じた場合には、すぐに医療機関を受診し、原因を特定し、必要な治療を受けることが大切です。

3.1. 下血の主な原因とは

血便、なかでも鮮血としての下血は、大小便時に不安を引き起こす兆候の一つです。主な原因としては、痔の問題、特に切れ痔や内痔核によるものが挙げられますが、大腸癌や大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)、感染症、イレウスや虚血性腸疾患など、様々な健康問題が存在しています。出血の場所によっては下部消化管だけでなく、上部消化管の問題も考えられます。小腸や胃、食道からの出血が大腸を通過するうちに鮮血便として排出される場合もあるため、正確な原因を診断することが肝心となります。そのため、血便を発見した際は、その量、色、一緒に痛みがあるかどうかなどの情報を医師に伝え、適切な検査を行うことが大切でしょう。

3.2. 切れ痔からの出血を見分ける方法

鮮血便が見られた場合、多くの人がまず考えるのが「切れ痔」です。切れ痔とは、裂肛ともいわれ、肛門の粘膜が裂けてしまい、その結果として出血が起こる状態を指します。この場合の出血は一般的には痛みを伴い、トイレットペーパーに鮮やかな赤い血が付着する形で現れることが多いです。また、肛門に鋭い痛みを感じることがあります。しかし、肛門に痛みを感じない場合でも、肛門の周囲や便器内に血が見られれば、切れ痔の存在を疑います。結局のところ、切れ痔が原因であるかどうかを自己判断することは難しく、専門的な診察を受けることが最も確実です。

3.3. 潰瘍性大腸炎の症状を理解する

潰瘍性大腸炎は、炎症を起こした大腸の内側に潰瘍ができる病気で、下血、粘液便、腹痛などの症状が特徴的です。この病気は、ストレスや食生活の乱れ、遺伝的要因などが影響していると考えられています。潰瘍性大腸炎を患っている場合、便に血が混じることは一般的な事象であり、結果として鮮血便が観察されることもあります。また、下腹部痛や持続的な下痢、体重減少などの症状が見られることが多いです。慢性的な疾患であるため、病気の進行を抑え、症状を管理するための長期的な治療とケアが必要となります。

4. 血便を見たらすぐにすべきこと

血便を目の当たりにしたとき、それは誰もが不安に感じる症状です。そんな時こそ、冷静に対処することが肝心です。まず確認すべきは、血便の色や量、経過時間であり、これらの情報は、医師の診断に非常に役立つものとなります。また、血便と同時に発熱や激しい腹痛がある場合は、ただちに救急病院を受診することが重要です。この状況は、直ちに医療の手を要する可能性が高いため、軽視してはいけません。

自分が感じる身体の異変や日頃の食生活、排便習慣など、医師に情報を提供することも忘れてはなりません。症状を正確に伝え、適切な対応をとるためにも、速やかに医療機関を訪れることが求められます。

4.1. 医師の診断が必要な理由

血便は、痔や大腸炎のような比較的軽い病気から、大腸がんなど命に関わる重大な疾患まで、幅広い原因によって引き起こされることがあります。自己判断で安易に見過ごすことは大変危険で、症状が悪化する前に、医師の診断を受けることが不可欠です。医師は症状や患者の訴えをもとに初期の診断を行い、必要であれば血液検査や大腸内視鏡検査など、さらなる検査を勧めることでしょう。

また、血便の発生には個人差があり、同じ症状でも異なる原因が潜んでいる場合が少なくありません。例えば、便に混じる血の量や色、痛みの有無など、詳細な情報提供が、正確な診断に繋がるのです。専門家による適切な診断と対処は、安心して生活を送る第一歩になります。

4.2. 初診の際に医師に伝えるべき情報

初診の際、医師に伝えるべき情報として最も重要なのは、血便の状態を詳しく記述することです。出血の量はどれくらいか?血はどのような色をしているのか?排便時の痛みはあるのか?など、症状の特徴を細かく伝えることが、病状を把握する上で不可欠です。さらに、血便が出始めた時期や頻度、生活習慣の変化、便の硬さなども、診断に役立つ情報となります。また、既往症や、服用中の薬についても詳細を伝えることが求められます。これらの情報は、正確な原因特定と治療法の選択において、医師を大いに助けることになるでしょう。

4.3. 痔の可能性が高くても大腸カメラを勧める理由

多くの場合、血便は痔による出血であることが多いですが、大腸がんのような深刻な病気を見逃すリスクもあります。そのため、痔と診断されたとしても、特に40歳以上の方や家族歴がある場合、医師は予防的な意味を含め大腸カメラ(大腸内視鏡検査)を勧めることがあります。この検査により、大腸の内壁を直接視覚化し、ポリープやがんなどの異常を早期に発見することができるからです。早期発見・早期治療は、病気の進行を防ぎ、治療成功率を高めるために極めて重要な選択となるのです。

5. 大腸内視鏡検査で分かること

鮮血便に遭遇した際、多くの人が心配になるのはその原因が何であるのかということです。大腸内視鏡検査は、そうした不安を解消し、痛みの有無に関わらず、胃腸の状態を正確に把握するために非常に重要です。この検査を通じて、ただの痔なのか、それとも大腸がんや潰瘍性大腸炎など他の疾患が隠れているのかを見極めることができるのです。また、ポリープの早期発見と除去を行うことによって、将来的な大腸がんのリスクを減少させることも可能になります。

5.1. 大腸内視鏡検査のプロセスと期待される結果

大腸内視鏡検査の前には、清涼剤を服用して便を出し切る前処理が必要です。検査当日は、鎮静剤を使用することもあり、リラックスした状態で検査に臨むことができます。医師は内視鏡を用いて大腸の内側を詳細に観察し、異常が見つかればその場で生検を行ったり、小さなポリープがあれば除去したりします。結果として、血便の原因が明らかになり、適切な治療方法を見つけ出せることが期待されます。さらに、検査を定期的に行うことで、症状の早期発見・早期治療が可能となり、健康維持に大きく寄与することでしょう。

5.2. 検査後の対処法と注意点

大腸内視鏡検査を受けた後、体にはいくつかの変化が見られるかもしれません。例えば、腸に空気を送り込むためにお腹にガスが溜まりやすくなっている場合がありますが、これは自然と体外に排出されるので心配はいりません。また検査後には水分を多く取るようにし、アルコールの摂取は避けるべきです。検査でポリープ摘出などの処置が行われた場合、医師の指示に従って経過観察や食事の制限を行うことが必要になります。快適な回復を促進させるためにも、医師からの指示をしっかりと守ることが大切です。

5.3. 内視鏡での止血処置

大腸内視鏡検査の際に発見される出血源には、即座に止血処置を行うことが可能です。内視鏡を用いることで直接出血部位を確認し、電気凝固やクリップ留め等の手法を使って止血処置を行います。これにより、多くの場合で迅速な治療が実現し、重篤な状態になるのを防ぐことが出来るのです。ただし、任意の処置にはリスクも伴いますので、医師の判断を仰ぎながら安全な医療行為に努めることが肝心であります。

大腸カメラとはどんな検査?

6. 便の色に注目!健康状態をチェックする重要性

私たちの健康状態を知る上で、便の色は意外なほど重要な指標となります。通常、便の色は食べ物や消化過程の影響を受けやすく、薬の服用やストレスといった外的要因によっても変化します。便色が突然異常を示した場合、単なる一時的なものかもしれませんが、体内で何らかの問題が起きているサインである可能性が高いからです。例えば、便が黒ずんでいる場合、消化管の上部からの出血を示すこともあり、赤や鮮血が混じることは下部からの出血を示唆しています。このように、便の観察を怠らないことが早期発見・早期治療に繋がり、健康維持には不可欠であるのです。

6.1. 便の色変化が示す健康リスク

便の色が黄色や茶色から逸脱したケースでは特に注意が必要です。例えば、白っぽい便は胆道系の疾患、黄緑色の便は消化不良、そして灰色の便は膵臓の疾患を示すこともあります。さらに、便に異常な色が見られるということは、その背後に様々な健康リスクが潜んでいる可能性が高いと言えるでしょう。特に、便に鮮血が見られた場合、痔の可能性が高いものの、中には大腸がんなど深刻な病気のサインであることもあります。日常的に便の色をチェックすることで、病気の早期発見に繋がることがあるのです。

6.2. 血便と便秘や下痢の関連性

血便が発生した場合、それが便秘や下痢といった消化器症状と同時に現れることがあります。血便と便秘が同時に起こる場合、硬い便が直腸の壁を傷つけることで出血が発生することが考えられます。一方で、下痢と血便が同時に見られる場合は、感染症や炎症性腸疾患などの可能性があり、緊急性の高い対応が求められることもあるのです。どちらの症状も、消化管に何らかの問題が存在することを示しており、適切な治療を受けるためには早期の医療機関への受診が重要となります。

6.3. 食事と血便の関連性

血便が見られた際には、食事内容も見直さなければなりません。食べ物に含まれる色素や成分が便の色を変化させる可能性があるためです。トマトやビーツの赤色素は便に赤い色を与えることがあり、一時的な色の変化に過ぎないことも少なくありません。しかし、こうした食事由来の色変化と血便を区別するためには、便の色だけでなく他の症状や状況も考慮する必要があります。血便が疑われる場合、普段の食生活の記録を取ることで、医師が原因を特定する助けとなるのです。

7. 血便に見舞われた時の食事管理

血便に遭遇すると、生活の中で何が問題だったのか、どう対処すればよいのか戸惑うものです。特に、食事は直接的に消化器系に影響を与える要素の一つとして、慎重な管理が必要になります。血便が起こる原因は様々ですが、食生活を見直すことで症状の悪化を防ぎ、回復に役立てることが可能です。ここでは、血便が発生した際の食事内容に焦点を当て、体に負担をかけないような食事方法について考察します。栄養バランスを保ちつつも、消化に優しい食品の選択、調理法など、具体的な食事管理のポイントを説明していきます。血便に直面した時、不安を抱えながらも適切な食事管理を行うことが、健康への第一歩になるでしょう。

7.1. 血便時に避けるべき食品

血便が発生した際、特に避けるべき食品がいくつか存在します。これらは消化器官に刺激を与えたり、便を硬くして症状を悪化させる原因になることがあるため、注意が必要です。例えば、スパイスが多く含まれる料理やアルコール、カフェインなどは刺激物として知られており、消化器系の炎症を引き起こすことがあります。また、脂っこい食事や揚げ物、ファーストフードなどは消化に時間がかかり、便秘を促進する可能性があります。更に、乳製品は一部の人にとっては乳糖を消化しづらく、下痢や腹痛の原因となることも。これらの食品を制限することで、消化器官への負担を減らし、血便の改善に繋がる可能性があります。血便に悩まされた際は、刺激性の食品を控え、優しい食生活を心がけることが重要です。

7.2. 鮮血便を改善に導く食生活

鮮血便を目にすると心配になりますが、食生活を見直すことで改善を促すことができます。例えば、消化が良く、繊維質に富んだ食品を選ぶことは、軟便を促し便通をスムーズにするために有効です。穀物の全粒粉製品や野菜、果物を積極的に摂取することで、便秘を予防し、排便時の圧力を緩和することが期待できます。また、水分摂取を増やし、発酵食品で腸内環境を整えることも大切です。発酵食品には、ヨーグルトや納豆などがあり、これらに含まれる善玉菌が腸の動きを促進する助けとなります。食物繊維と水分を適切に摂取することで、鮮血便を改善に導く食生活につながるでしょう。

7.3. お風呂での痔の洗い方

痔の症状として血便が発生する場合、お風呂での正しい洗い方が重要になってきます。血便の原因の一つである痔は、炎症を起こすことで痛みや出血に繋がることがあります。痔の炎症を抑えるためには、刺激を避けた穏やかな洗浄が求められます。お風呂での洗い方には、まずぬるま湯を使用して、優しく洗うことが基本です。強い水圧や石鹸を多用することは逆効果となり得るため、適度な清潔さを保つことに重点を置くべきです。また、入浴後は柔らかい素材のタオルで、刺激を与えないようにそっと拭き取りましょう。これらのケアを続けることで、痔の症状の緩和に寄与する可能性があります。

8. 血便が繰り返し現れた際の生活習慣の見直し

血便が何度も現れる場合、日常生活に何らかの問題が隠されている可能性が高いです。身体はシグナルを発しているわけですから、そのメッセージを正しく受け取って、対処することが大切です。生活習慣を振り返り、健やかな体を保つためにどのような点を改善するべきかを考えてみましょう。例えば、食生活の改善、適度な運動、ストレス管理、十分な睡眠などが挙げられます。これらはすべて、血便に限らず、身体の健康と密接に関わっています。体に注意を払い、生活習慣を見直すことで、疾患への予防や早期発見につながります。

8.1. 下血を予防する日常のコツ

下血を繰り返さないためには、日常生活の様々な側面を見直すことが重要です。まず、食事に関しては、食物繊維を豊富に含んだ食品を積極的に取り入れ、水分を十分に摂取することで便通を良くし、大腸への負担を軽減します。また、辛い物やアルコールの過剰摂取は避けるべきです。次に、適度な運動は消化活動を助けるとともにストレス解消にもつながります。しかし、無理な運動はかえって身体に負担をかける可能性があるので注意が必要です。ストレス管理に関しては、仕事や個人の関係など生活環境全般にわたって、心地よいバランスを見つけることが望ましいでしょう。そして、睡眠は身体を回復させるために欠かせない要素です。これらをバランス良く整えることが、下血予防に結びつく日常のコツと言えるでしょう。

8.2. 長期的な体調管理と血便

血便が繰り返し出る場合は、長期的な健康管理が重要となります。体重管理から始めて、定期的な健康診断を受けることで、血便を含めた体の異変に早く気づくことができます。特に、中高年になると大腸がんなどのリスクが高まるため、大腸の健康を意識した生活習慣が必要です。この時期になると、定期的ながん検診が特に重要になります。日々の小さなサインに注意を払い、健康的な体を維持することが、長期的な生活習慣として必要でしょう。

8.3. 抗血栓薬と血便

抗血栓薬は心筋梗塞や脳卒中の予防に用いられることが多いですが、これを服用していると血便が出ることがあります。そのため、抗血栓薬を服用している際には、血便を見つけたときの対処法を医師と十分に相談しておくことが重要です。薬の副作用が原因で生じる場合もありますし、胃腸の出血を示している可能性も否定できません。服用に際しては、必ず医師の指示に従い、異常を感じたら迅速に対応する必要があります。安易に自己判断せず、適切な医療機関で相談しましょう。

札幌で大腸カメラがご希望の方は大通り胃腸内科クリニックがおすすめです!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a130a0196752f032ac5942358fc2394d.png
大通り胃腸内科クリニック
TOP