憩室出血になったら読むページ|大通り胃腸内科クリニック|札幌市大通りの内視鏡検査・消化器内科

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3丁目 せんばビル4階

011-242-7311

WEB予約 事前WEB問診
下層メインビジュアル

憩室出血になったら読むページ

憩室出血になったら読むページ|大通り胃腸内科クリニック|札幌市大通りの内視鏡検査・消化器内科

         

2024年3月23日

腹痛のない突然の出血。便器が真っ赤になるほどの大量の出血が出た場合、それは憩室出血の可能性があります。そんな経験がある方に大腸憩室の原因から予防策、緊急時の対応まで、一歩ずつ解説していきます。

1. 憩室出血(大腸憩室出血)とは何か

大腸に存在する袋状の突出部である憩室から出血を起こすという現象を「憩室出血」と言います。この憩室は、主に大腸の壁が弱くなり、内圧によって外に押し出されることで形成されます。年齢とともに憩室ができる可能性が高まり、特に高齢者に多く見られる傾向があります。通常、憩室自体は無症状であることが多いですが、炎症や出血などの合併症を引き起こすリスクがあり、そうなると患者さんの日常生活に支障を来たします。

1.1. 大腸憩室とは

大腸憩室は、大腸壁の筋肉層が何らかの原因で弱くなり、粘膜が突出することで憩室が形成されるのです。食生活の変化や運動不足の増加に伴い、憩室を持つ人が増えているとされます。憩室そのものは自覚症状がないことが多く、たまたま検査で見つかることが一般的です。しかし、憩室炎や憩室出血など、憩室に起因する病状が現れることで初めて気付く場合もあります。

1.2. 大腸憩室患者は増加している

近年、大腸憩室を持つ患者さんの数は増加傾向にあります。これは、西洋化された食生活の普及、運動不足、肥満、高齢化社会の進展など、さまざまな要因によると思われます。食物繊維の摂取量が不足しがちな現代人の食生活は、憩室症の発生リスクを高める一因となっており、特に大腸で消化されずに残った食物が原因で、憩室出血を引き起こすこともあるのです。そのため、食生活の質の向上や適度な運動による体重管理が、憩室患者の増加を食い止める鍵となります。

1.3. 大腸憩室が引き起こす症状と合併症

憩室自体は多くの場合無症状ですが、炎症や出血などの合併症を起こすことがあります。憩室炎は憩室に炎症が起こる状態であり、腹痛や発熱といった症状が出現します。さらに憩室出血は、大腸内部の憩室からの出血を指し、赤い血便や暗赤色の便の形で現れることが多いです。こうした症状が見られた場合、迅速な医療機関での診断と治療が必要になります。重篤な合併症として、腸穿孔などが挙げられ、これらは命に関わる緊急状態を引き起こすことがあり得ます。

2. 憩室出血(大腸憩室出血)のメカニズム

大腸憩室出血と言うと、なんだか専門的で難しい感じがしますが、これは、大腸の壁に小さな袋状の突出部を形成する憩室が破裂することによって起こる出血のことを指します。多くの場合、憩室自体は無症状ですが、食物の繊維が少ない食事や便秘の影響で大腸内の圧力が上がり、憩室の薄い血管に負担がかかって出血するケースがあります。また、炎症を伴う憩室症(憩室炎)がある場合にも、出血を引き起こすリスクは高まるとされています。今回は、どのようなメカニズムで憩室出血が引き起こされるのか、その詳しい原因や経過について触れていきます。

2.1. どのようにして憩室は出血するのか

憩室がどうして出血に至るのか、それにはいくつかの要因が関係していると考えられます。まず、大腸の壁にできた憩室は、元々は小さなものですが、食物繊維の不足や運動不足、加齢に伴って大腸内の圧力が高まることで拡張していきます。その過程で血管も伸び、壁が薄くなるので、少しのきっかけで出血しやすくなります。特に、便秘を長期間放置すると、その圧力は一層高まり、出血のリスクも増加するでしょう。また、憩室炎など、憩室に炎症が起きた場合にも、炎症が原因で血管が破れやすくなり、出血しやすい状態になります。これらが複合的に絡み合いながら憩室の出血につながるのですが、もちろん個人差もあり、同じようなライフスタイルを送っている人でも出血する人としない人がいます。

2.2. 憩室出血におけるリスクファクターとは

憩室出血を引き起こすリスクファクターには、さまざまなものが考えられます。たとえば、高齢になると体の各組織が衰えるため、大腸の壁も弱くなりがちで、結果的に憩室が形成されやすくなります。他にも、食生活の乱れ、特に食物繊維の不足は、便の硬化につながり、大腸内圧を常に高い状態に保つことになり、これが憩室の形成や出血に影響を与えるとされます。また、運動不足による腸の動きの低下や、肥満も大腸への圧力を増加させる要素となり得ます。喫煙や過度のアルコール摂取も大腸の血流を悪化させることから、憩室の出血リスクを高めるとされていますので注意が必要です。

2.3. 憩室出血は増加傾向で場合によっては死亡する事も!?

近年、憩室出血の患者数は年々増加しており、これには高齢化社会の進行や食生活の変化が影響していると考えられています。食物繊維を多く取る食生活の普及により、一部では予防の効果が見受けられるものの、まだまだリスクは残っています。まれなケースではあるものの、憩室出血が原因で命を落とすこともあります。特に、大量出血が起きて血圧が下がった場合や、適切な治療が受けられなかった場合には、救急医療が必要になることもありますので、日頃からの健康管理がいかに重要か、認識する必要があります。また、憩室出血を経験した後も再出血のリスクがあるため、定期的なフォローアップなどを通じて、憩室出血に対する意識を持ち続けることが大切です。

3. 憩室症の予防法と日常生活の工夫

憩室出血は大腸憩室からの出血を指し、憩室症の一つの合併症です。憩室症を予防することは、憩室出血のリスクを減らすことにつながります。このため、日常生活においていくつかの工夫をすることが重要です。その方法としては、食生活の改善や運動習慣の定着、適正な体重の維持が挙げられます。また、喫煙や過度な飲酒といった生活習慣が憩室症のリスクを高めることが知られていますので、これらを控えることも予防には不可欠です。精神的ストレス管理にも気を配り、健やかな日常生活を送ることが求められます。

3.1. 食生活の改善と食事療法のポイント

憩室症の予防には食生活の改善が欠かせません。特に、食物繊維の豊富な食材を摂取することがポイントになります。食物繊維は大腸の蠕動運動を促し、便の通過をスムーズにするため、憩室の形成を防ぐ助けとなるのです。全粒粉のパンやご飯、豆類、野菜、果物などを積極的に摂るよう心がけましょう。また、脂っこい食事は避け、バランスの取れた食事をすることが大切です。食事療法では、膨満感を避けるためにも、食事を急がずゆっくり噛んで食べること、水分を十分にとることも忘れてはいけません。これによって、消化器系の負担を減らし、憩室症の予防につながります。

3.2. 運動と体重管理による予防効果

定期的な運動は、憩室症の予防に非常に有効な手段です。運動は便秘を解消し、大腸の健康を促進します。中でも軽い有酸素運動は、腸の動きを活発にし、憩室症のリスクを低減します。歩行やジョギング、水泳などがお勧めされますが、無理のない範囲で運動を習慣化しましょう。さらに、運動による体重管理も重要で、肥満は憩室症のリスクを高めますので、適正体重を維持することが肝心です。食事制限だけでなく、運動によるカロリー消費も意識することが、健康的な体を作るためには不可欠となります。

3.3. 喫煙・飲酒との関連

喫煙や飲酒が憩室出血と関係するかはまだわかっておりません。喫煙や飲酒自体は消化管出血のリスクとなりますが、これらが原因となって憩室出血を引き落としているかどうかは判明しておりません。ただし他疾患のリスクになる事は間違いないので過度な摂取はしない事をお勧めします。

4. 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の役割

大腸内視鏡検査は、主に大腸の健康状態を確認するために使われる検査です。特に憩室出血などの大腸の異常を診断し、必要な治療法を決めるのに非常に有効であります。この検査によって、早期の病変を発見することができるため、予防医療の面でも極めて重要な役割を担っています。また、ポリープやがんのリスクを減らす意味でも、定期的なスクリーニングは推奨されています。大腸カメラの利用によって、かつては見逃されがちだった細かな異常も見つけ出すことが可能となり、より細かい治療計画を立てることができるようになりました。

4.1. 大腸内視鏡の手順と検査の必要性

大腸内視鏡検査は、患者がまず下剤などで大腸の内容物を清掃することから始まります。その後、専門の医師が内視鏡と呼ばれる長い柔軟な管を大腸内に挿入し、内部を詳しく観察していきます。この内視鏡には小さなカメラが取り付けられており、映像を通じてポリープやがん、炎症といった異常を検出します。この検査は憩室出血のような急性の症状がある際には特に必要性が高まります。出血源の特定は治療の方針を決定する上で不可欠であるからです。また、予防的な観点からもポリープの摘出などにより発症リスクを下げることができます。

4.2. 憩室症の診断における内視鏡検査の重要性

憩室症は大腸の壁にポケット状の突出が生じる病気で、この突出部分で憩室出血などの合併症が起こることがあります。このため、症状がある場合の憩室症の確定診断には大腸内視鏡検査が重要な役割を果たします。検査を行うことで、出血している憩室を直接目で確認し、出血の状態や範囲を評価することができるからです。また、憩室そのものだけでなく、大腸内部の他の異常も一度に診断できる利点があります。そのためにも、憩室出血の予防や早期発見のために定期検査の実施が推奨されています。

4.3. 憩室出血を予防するためのスクリーニング

大腸内視鏡検査は、憩室出血を含む大腸の病状を早期に発見し、適切な治療へとつなげるための予防策として活用されています。定期的なスクリーニングは憩室出血をはじめとする多くの大腸疾患を未然に防ぐ上で非常に有効であります。特にリスクがあると判断される患者さんや家族歴がある場合には、早めのスクリーニングが推奨されています。この検査により、憩室の有無やその状態を定期的にチェックすることで、出血などの合併症のリスクを減らすことができるのです。

5. 憩室出血時の緊急対応と初期治療

憩室出血に直面した時、迅速な判断と初期治療が非常に重要です。症状を見落とすと命に関わる事態を引き起こす可能性もあります。憩室出血の症状は、突然の腹痛や出血を伴う場合が多く、これに気づいたら直ちに救急車を呼ぶか、速やかに最寄りの医療機関へ連絡を取るべきでしょう。病院に到着したら、医師は患者さんの症状と血液検査を元に緊急性のある治療を行います。初期治療では安静を保ち、出血が止まったかどうかの監視が必要になります。さらに、原因となる憩室出血を特定し、適切な処置を施すことが求められます。

5.1. 自宅での対処法といつ医療機関を受診すべきか

もし自宅で憩室出血の症状に気づいた場合、まずは冷静に行動しましょう。出血を伴う便を認めたり、腹痛が起こった場合は、動かず安静にして、直ちに救急車を呼ぶか、家族や知人に医療機関へ連れて行ってもらうことが重要です。ただし、症状が軽度である場合や不安な場合でも、念のために医師の診断を受けることをおすすめします。また、出血が見られた際にはトイレでの出血の様子を写真などで保存しておき、医師に見せると診断に役立ちます。医療機関を受診するタイミングは、出血の有無、出血量、腹痛の程度により異なりますが、自覚症状がある時点で早めに受診することが望ましいでしょう。

5.2. 入院時の治療プロセスと患者ケア

憩室出血は出血量が多量である場合が多いので入院することもしばしばあります。その際には、医師と看護師からなるチームが、患者さんのアセスメントと治療を実施します。初期のステップとしては、安全かつ快適に過ごせるよう患者さんの状態を安定させ、必要に応じて輸血や薬物療法を提供します。その後、大腸内視鏡検査によって憩室出血の原因を特定し、止血処置を行うことが一般的です。出血が止まらない場合や再出血した場合は、より積極的な治療方法を取る必要があり、時には手術が必要になることもあります。入院中は患者さんの精神的なサポートも重要であり、不安や疑問に対して医療スタッフが丁寧に応じることで、心理的なケアを提供します。また、栄養士による食事療法の指導やリハビリテーションスタッフによる体力回復のサポートなど、多岐にわたるケアが行われます。

5.3. 再出血リスクを下げるための対策

憩室出血の治療後、再発を防ぐためには生活習慣の見直しが不可欠です。食生活の改善は特に重要であり、食物繊維の豊富な食事を心がけると良いでしょう。また、脱水を防ぎ、便通を正常に保つために十分な水分補給をすることも大切です。適度な運動を継続的に行うことで、消化器系の健康維持に寄与します。タバコやアルコールの摂取は、憩室出血のリスクを高める要因になるため、控えるべきです。定期的な医師の診察を受け、大腸の健康状態をチェックしましょう。これらの生活習慣を見直し、実践することで、再出血のリスクを下げることが期待されます。

6. 憩室出血の際の症状

憩室出血は、大腸内にある憩室(けいしつ)と呼ばれる袋状の突出部が出血する病態です。この病態は突然の出血を引き起こすことがあり、時に激しい症状を伴う可能性があります。ただし、症状は個人差が大きく、感じ方にも幅があります。主な症状には、急な腹痛や便に血が混じる下血が挙げられますが、腹痛を感じない場合も少なくありません。憩室出血を疑わせる他の可能性としては、倦怠感、息切れ、貧血などがあり、これらの症状も注意が必要です。特に下血の症状は見過ごされがちですが、大量出血の可能性もあるため、いち早く専門の医療機関での精密な診察を受けることが重要です。

6.1. 腹痛のない急性消化管出血

憩室出血による急性消化管出血は、患者さんによって症状が異なりますが、中には腹痛を伴わないケースも存在します。腹痛が無いために出血を軽視しやすく、重症化する前に適切な処置をすることが遅れる恐れがあります。腹部の不快感や変化に加えて、便に血が混じる下血が見られる場合は特に注意が必要です。下血は赤い血だけでなく、暗赤色便が出る場合もあります。これは消化管を通過する間に血液が酸化したものです。さらに、立ちくらみやめまいなどの貧血症状が現れることもあります。これらの症状は放置すると生命に関わる事態に繋がることもありますので、急性消化管出血の疑いがあればただちに医療機関を受診する必要があります。

6.2. 憩室出血は自然に止まるか

憩室出血が生じた際、7割以上の症例においては自然に出血が止まるケースが多いのが実情です。しかし、自然に止血するからといって安心してはいけません。出血が止まったとしても、その原因が解消されているわけではありませんし、2割~4割の割合で再出血を起こします。また出血による合併症の発生の可能性も考慮しなければなりません。したがって、実際に出血が止まったと自己判断したとしても、最終的な診断は医師の判断に委ねるべきでしょう。また、憩室出血が疑われる場合には、症状の度合いに関わらず、速やかに医療機関で適切な治療を受けることが早期回復への第一歩になります。万一の合併症を含めたオールラウンドな対応策を検討するためにも、早期の受診が不可欠です。

6.3. 憩室出血の再出血率

上述のように、止血後も2割~4割の割合で再出血リスクがあります。再出血の確率は患者さんの状態や過去の出血歴、そして行われた治療の内容によって様々であり、細心の注意を要します。再出血を防ぐためには、医療機関での定期的なフォローアップや日常生活での改善が重要です。食生活の見直しや適度な運動など、再発を防ぐための日常生活の工夫が求められるでしょう。また、治療法についても医師と相談し、最善の方策を練ることが大切です。万が一再出血が生じた場合にも、早期の対応が予後に大きく影響するため、再出血の兆候を見逃さないようにすることが肝要なのです。

7. 憩室出血と入院加療

憩室出血が原因となる突然の出血により、患者さんは動揺したり、何をすればいいのか分からなくなることもあるでしょう。特に、重度の憩室出血の場合には、速やかな入院加療が必要となります。入院は突然のことなので、慌てず丁寧に対応するためにも、このページを参考にしていただければと思います。

7.1. 入院生活中の心構えと適応

入院が決まった際には、生活のリズムが大きく変わります。病院のルールや治療スケジュールに従って過ごすことになるため、柔軟な心構えが求められます。初めての入院生活では不安や緊張もあるでしょうが、医師や看護師の指示に従い、治療に集中することが大切です。また、入院中は様々な検査や治療が続きますので、精神的にも体力的にも負担が大きくなる可能性があります。ですから、無理をせず、リラックスを心掛けることも重要です。家族や友人のサポートを受けることで、心強さを感じることができるでしょう。病気への理解を深めるための読書や、リハビリテーションなど、積極的に入院生活を送ることが快復へとつながります。

7.2. 憩室出血の際の入院の必要性

憩室出血は、自宅での様子見から入院治療が必要なケースまで幅広く存在します。しかし、多量出血や繰り返し出血している場合には、即座に医療機関での診療を受け入院が必要になることがあります。入院することで安静に保たれ、迅速に診断や治療を受けることが可能となります。また、出血量のコントロールや輸血が必要な場合も、病院内での加療が望ましい理由です。特に出血が止まらない場合や症状が悪化する恐れがある場合には、緊急手術の選択肢も考慮されます。入院には患者さん自身や家族の負担も伴いますが、適切な医療を受けることは回復を早めることにつながるのです。

7.3. 入院期間

憩室出血の際の入院期間は患者さんの症状や治療の進行によって大きく異なります。例えば、軽度の出血であれば数日の入院で済むこともありますが、重度の出血や合併症が発生した際には、入院期間は数週間に及ぶことも稀ではありません。医者や看護師との定期的なコミュニケーションを保ち、現在の健康状態や治療の進行状況を知ることが回復への道しるべとなります。治療経過が良好であれば退院の目処が立つことでしょう。そのためにも、入院期間中は自身の健康状態に注意を払い、慎重に過ごすことが求められるのです。

8. 完治後の生活と再発予防

憩室出血を乗り越え健康を取り戻した後も、再発を防ぐための生活はとても大切です。日頃の行動に気を配り、正しい知識を持って予防策を実践することが求められます。特に食生活や運動習慣は、再発を避けるための鍵となりますが、ストレス管理や睡眠の質にも注意を払う必要があります。また、定期的な医療機関のフォローアップを欠かしてはなりません。これらの日々の努力が、健やかな生活を守る基盤となるのです。

8.1. 再発予防に向けた生活習慣の見直し

憩室出血の再発予防には、日々の生活習慣の見直しが欠かせません。まずは、食物繊維を多く含むバランスの良い食事を心がけることが大切です。また、水分を十分に摂取し、便通を良くすることも予防につながります。適度な運動は腸の動きを活発にし、便秘の予防にも効果的です。ストレスは体にさまざまな影響を与えるため、リラクゼーションや趣味の時間を持つなどして、適切に管理していくことが重要です。睡眠不足も健康を損なう要因のひとつなので、定時に十分な休息を取ることも忘れてはなりません。

8.2. 正しい食事療法の維持と栄養管理

完治後の食生活においては、栄養バランスに留意した食事療法を続けることが、憩室の再発予防につながります。特に食物繊維の摂取は腸内環境を改善する上で重要であり、野菜や果物、全粒粉の製品などを積極的に摂るようにしましょう。しかし、食物繊維の摂取量を急激に増やすのではなく、徐々に量を増やしていき、腸への負担を避ける配慮が必要です。また、過剰な脂質や糖質の摂取は控えめにし、高たんぱく・低脂肪の食品を選ぶことで、体重管理にも寄与します。

8.3. 定期的なフォローアップと自己管理方法

再発を避けるためには、定期的な医療機関とのフォローアップも不可欠です。医師の指導に従い、必要な検査を定期的に受けることで、体の状態を最適に保つことができます。また、自己管理方法のひとつとして、日々の排便状況を記録し、便秘や下痢などの異変にいち早く気づくことも大切です。適切な水分摂取や運動習慣の維持、ストレス軽減のための工夫も日々の生活の中で意識して取り入れることで、憩室出血の再発を防ぐ助けとなるでしょう。自らの体と向き合い、健康管理を継続することが、再発予防への第一歩となります。

札幌で憩室で悩んでいる方は大通り胃腸内科クリニックに受診をご検討ください!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a130a0196752f032ac5942358fc2394d.png
大通り胃腸内科クリニック

TOP